上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

勝負

いやはや、学芸館野球部、県予選で決勝まで勝ち進んだよ。
すごいね。

試合の中で、失敗もあるじゃない。
じっとしていても何も始まらない。勝つためには打ちに行く。

怖いよね。とても。

満塁の中で、バッターボックスにいる、てどんなかな。
気持ちを落ち着かせる、なんて経験をしまくった人でないとわからない。

あ〜、ダンスでよかった。(笑)

ほんとの勝負は自分自身の中にある。




スポンサーサイト

いつまでも

振付が、ぐっと減りました。

できる人に預けて、私は他の誰もできないことをすべきだ。

と、言い聞かせるが、ダンスはやめないよ。

なんか見える?方に、事故後に言われたの。

片端になっても踊り続けるだろうと。

踊ると、違うよね。日常ではないのだよ。

踊ることが日常であっても、体やエネルギーはそれの比じゃないの。

だから、ダンスに惹かれる。いつまでも。

いつまでもね。

がっしゅく

岡山学芸館高校ダンス部。
高校大学ダンスフェスティバル神戸に向けて、合宿でした。
きっと全国的に合宿デイズだったのではないかな?

毎年のことですが、
テーマ、タイトルがこれで伝わるかどうか、山を作っては壊し、積み直して壊し・・・
これでいいか?本当に伝わるか?と検討する。
出演者、指導者全員がコミュニケーションをとって、動きだけではない見えない心、魂を入れていく。
プログラムのタイトル、解説、動き、練習で積み重ねてきたチーム力。
それらが一体となった時、見ている人の心に直球する。

高校野球も盛り上がるこの時期。
全員野球ならぬ、全員ダンス。

やれるから。

今までで一番のチームになろう。


ミシン

台風がきて、休暇日になった。

断捨離をほぼし終わって、衣装作成部屋がいよいよ始動。

今日は知り合いのミシン屋さんへ。

ミシンのレクチャーを受け、そこのパートさんがド初心者の私と一緒に、服を一枚作成してくれるらしい。

これは超有難い。

ミシンの金額はびっくり仰天。

元が返せるかな〜〜?

それよりも衣装できないストレスが消える方が、

私にとって快い。




ケント・モリさんは言ってた。

コブシひとつで世界を変えるのだと。



Koharuさんは言ってた。

日常の動作に力を込めるとダンスになると。


日々のことを適当にしていて踊れるかい?



ダンスから学ぶ事は多いし、大きい。

時間

まきこさんのライブがありました。

まきこさんの岡山愛は半端じゃありません。

いつのころからかそういうのも表現として出てきて、透き通ったダンスへの情熱も見えます。

この子とまた新たに何か事が起こせたら、と思っています。

タップマスター、グレゴリー・ハインズを映画で見て35年くらい?

タップがやりたい、と思って20年?

長い時間がかかってしまいましたが、確実に岡山タップの歴史を刻んでいます。

これからも。


今日も関わってくださる皆様への感謝を。


世話がやける

一週間はやすぎ。

保険屋のCくんにいろいろ指示されているのにできてない。

なんども確認のメールしてもらっている。

やりましたか?て。

情けないことにタップの自主練もミカ先生に

自主練した?

て聞いてもらうようにした。笑。

世話の焼ける子だと言われるわな。

忙しく流されるのもいいけど、自分の意思決定は度々しなければ。

自分の世話は自分で。←おい。

先週はええリハだったよね、とここで言ったのに、、

今日は振り出て来んかったじゃないか〜〜。泣。



話は突然変わって、

先日、某コンビニでくじをひいたのですよ。

みんな、こういう時にいろいろ試さない?

すんごい考えて引く。

考えず手に触れたものを引く。

どちらが勝率が良いとすれば、後者ね。

振付てそれにも似ている。

何も考えずに、というわけにはいかないのだけど。

これだ!とハマる時とハマらない時。

もしくは考えてドツボにはまって、はまって、はまって、

やっと生み出したもの。

これは本物だね。




明日は試験明けの部活。

みんな元気かな〜?

おとこって

もう、プライベートなことなんですがね、、、

オットは疲れすぎて、仕事から帰って来たら、寝てしまいます。

うたた寝ってやつです。

もう、私はこれが嫌なんす。

すぐ布団に入ってくれたら疲れも違うはずなのに。

男、てやつはうたた寝が幸せらしい。

オットの店の、男性客もそう漏らしてました。

オットを普通に寝さすまでが大仕事。

はあ。今もまさに。

で、朝5時には出て行くし。

睡眠障害だし。

男、てのは、好きなことだとしても仕事だからそれを超えちゃうよね。

仕事ができる男、ていうやつかしら。

そんな男はみんな尊敬します。


よきひかな

私は自分が何に惹かれるか、わかっている。



熱いハートですよ。



当然そうでしょう、とも思うけど、

単に、流行りだから、有名だから、

という理由で自分の脳を誤魔化してない?

体がそれに近寄りたくなるか?

知りたい、と思うか?

知れば喜びになるか?

これ、自分に言い聞かせているよ。




考えると、やれない理由とかをこじつけちゃうけど、

やりたいんでしょ?

て、

時間がなくても、お金に余裕がなくても、

なんとかして知りたいから

学ぶ、て。




無理やりやらされても、時間の無駄だからね。

だけど、

ゲームに夢中になって、時間を費やしているのは

もったいないよ。

ゲームのプロになるならいいけど。




それより、知識ふやそうよ。

自分のためだよ。

自分の糧にするためだよ。




年とるって、残酷。

待ってくれないから。

わからなくても許してくれるのは、若い時だけ。

甘えられない時はやってくる。




何のはなし?笑。



今日も良き日でした。


ひとすじ

何と言っても、

なでしこ。

心臓に悪い試合だったねぇ。

でも、彼女たちはこれを踏み台にまたさらに強くなれるよ。


試合終わった時の選手の涙。

もらい泣きしてしまった。


ひたすらこれをやる。

一途な彼女たちを心から応援している。


だけどね、

ちょっと衝撃だったのは、

優勝セレモニーの時に、アメリカの選手が自分たちの子供たちと一緒に写真を撮っている姿。

海外の選手には多いと話は聞いているけど、

その光景を見て、日本と違いすぎる、と感じたんよ。


かたや、一途に仲間とボールを追いかける。

かたや、サッカーも人生も謳歌している。

と、見えた。


寛容さが自分にも周りにも相手方にはあって、

それは試合にも生かされているような気がしたんよ。



とにかく、戦い抜いた選手たち、

お疲れ様でした。














天神山文化プラザで開催された、玉井さんワークショップ後のショーケースを見てきました。


彼の作品は心がじゅわ、と来る。

そんな彼だから一緒にやりたいと思ったし、できる限りのサポートをしてきた。



今日はじゅわじゅわじゅわじゅわ・・・



彼自身が人生の岐路に立っている今。

自身の思いが溢れていたというか。




ちょっと前、LINEのやりとりで

「人生は出会いと別れだよ・・・」

て、送ったことがあって、

今朝、

「先生、ショーケースよろしくお願いします。

こないだのお言葉、引用させていただきます。」



これは、まばたきせずに見なくては。



作品はまさにそれ、でした。



涙が止まらなかった。



4日のワークショップで50分ほどの作品にしてしまう、ただやっつけ作業ではもちろんなく、

参加者それぞれが生かされて、ダンサーたち、観客は、その思いを共有した・・・



人生の時間を刻み続けて、今この瞬間さえも出会いと別れがある。



この時間の中にいれたことが幸せでした。



もうひとつ、

私は先生としてとても嬉しかったことが。


KDFのAちゃんが参加していて、ソロパートをいただいていました。

以前から生徒たちにはいろんなチャレンジをさせているけど、それを素直に受け止めてきた子の一人。


彼女の成長を目の当たりにしました。

大学生や社会人に混じって、中学三年のAちゃんは、

ひとりでしっかりと、舞台の真ん中に立って踊っていたよ。


終わって私は彼女に特別なことを伝えました。

Aちゃん号泣。(これはナイショ♪)



とてもとても、幸せな一日。



あ〜〜、

ビールが美味い❤️



にんしき

タップを習って良かったこと。

1カウントのタイミングを命かけて外さない・・・
1がどこかわかっているが、それでもドンピシャなところはグループがないと分からない。

スイングのこと・・・
三連の真ん中を外したもの。

つまり体重移動の認識が甘かった
楽譜を書くような性格な音

だんしゃり

ほぼゴミ溜めと化していた部屋を断捨離しました。

衣装部屋にするのだ。



いや〜、私のダンス人生、何が心残りて、衣装よ、衣装。



ダンサーが衣装を作らなくてもいいのかもしれないが、



とっくの昔から、

自分で出来てたらこんな苦労はなかった、てことは多い。



ネットで買うのは安いけど、

サイズや色がない、縫製が悪い、いつ来るのかわからない、といったリスクもあるし、


作れたほうがいいよね。



で、一部屋空けた。



早くに取り掛からないと。

初心者、締め切り一ヶ月。



おいおい、、、



衣装やじゃないから綺麗にいくかどうかは置いといて、


作品にね、魂を入れたいのよ。


ひとつの作品からエネルギーを発したいから。



きっと伝わるから。


きっとね。




マイライフ

リハしてます。

いいやつと時間を共有できるのは、細胞が喜ぶよ。

変に遠慮しなくて、(もうちょいしろって)

気持ち悪ければ、変えていい?て言えるし。(普段もゆってるけど)

いい作品にするための原動力がいっぱいあって、とても楽しい。

ありがとね。



振付てしばらくしてないと、感覚がなくなりそうな気がする。

思った以上にいい作品になると、自分の手を離れて、自分が振り付けたとは思えなくなる。

作品を練っている時間て、共有しているやつらにしか分からない貴重な時間。



若かりし頃は、自分勝手だったなあ。

そうやって、今があるんだけど。



いろんな変化があるけど、7月もドキドキワクワクがいっぱい。

テーマパークなんて行かなくても、アトラクションに乗っているかのよう。



これぞ、


マイライフ。


ついたち

吉備津神社の一日参りにしばらく行ってない。
朝、早いからね、と言い訳。


咳、痰がひどくて、耳鼻科に行きました。

なんと、30年ぶりの◯◯耳鼻科!
息子さんとかがやってるのかな、と思ったら、おじいちゃんになった先生がそこにいた。

「30年ぶりなんです」
というと、おじいちゃん先生は、かなり嬉しそうだった。

レントゲン撮る時に、私は顔を下敷きのようなもので押し当てている状態なのに、話しかける先生・・・。

「私がやってると思った?」と笑顔。
「いえ、息子さんとかがやってるのかなあと。」
笑顔。

鼻に注入する機械は昔のまんまだそうで、
「これは変わっとらんよ」
「わかります」
笑顔。

ゆったりと時間が流れているから、待ち時間含め1時間もかかった。
私は病院の待ち時間が嫌いなんだけど、先生の雰囲気なのかなあ、ここは許せると思った。

結局、副鼻腔炎でした。
薬をのんだらすぐに痰も咳もとまった。


明日はガンガン踊るぜ。

おかしくなるカラダ。

 | ホーム | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。